中綴じ冊子の印刷を依頼できる業者の見つけ方

中綴じ冊子とは、簡単に言えば髪の中央の折り目をホチキスで止めて冊子にしたものです。比較的簡単な物が多く、こちらは薄い印刷物、例えばカタログやパンフレットなどが多いですが、多くの印刷業者で依頼をすることができます。また最近は白黒の普通用紙ではありますがコンビニでも中綴じ冊子用の印刷をすることができます。こちらはあくまでもホチキス止めなどの製本は自分で行う必要があるので、中綴じ冊子の印刷とは言い難いですが、印刷業者であれば、原稿や細かい用紙の指定などの打ち合わせが終わっていれば数日以内に仕上げてもらえる業者が多いです。白黒の会社の資料であればコピー機でも綺麗なものを作る事ができますが、社外の方に配布するためのものであれば、レイアウトから素材、内容だけでなく、目を引く見た目を考える必要があります。この場合、テンプレートを提供している印刷会社を選ぶ方法があります。

中綴じ冊子の印刷はデザインもこだわれます

印刷物を作る時に、完全に自分でデータを作成して、それを中綴じ冊子として印刷してもらう方法と、内容についてはこちらで用意をして、レイアウト案をデザイナーに用意をしてもらい、印刷会社に作成してもらう方法があります。自分たちでも効果的なデザインができず、かつテンプレートでも良いものが無いという場合は、デザイナーがいる印刷会社にお願いする方法もあります。またデザイン会社に依頼する方法もあります。デザインの面を考える時には、使用する用紙についても考える必要があります。コート紙、マットコート紙、ケント紙とさまざまな名前と種類が書かれていますが、分からないという方は一度見本誌を送ってもらえるように依頼することもできます。印刷物に詳しい方でない限りこのような言葉を耳にすることはなく、見たことはあるが名前はしらないという話が多くあります。

中綴じ冊子は高額で早くと、こだわって印刷も選べる

中綴じ冊子を作る時に、守るべきことは4で割れるページ数で完結する必要があるという点です。1枚の紙を半分に折り重ねて冊子にするのですから、当然です。これは表紙についても含まれています。大体最初に何ページ、何冊までで、いくらするという、簡単な見積もりがネットに書かれている事が多いですから参考になります。よほど特殊な印刷方法を使用しない限り、大量の部数を注文、また注文が殺到している場合でない限り、数日程度で印刷が終わります。また早く欲しいという方に即日サービスを行っている印刷会社もあります。ただ早く出来なくても良い場合は、ぜひじっくり印刷会社や内容を考えて、余裕のある日数で印刷会社に依頼することをおすすめします。即日サービスは金額が高額になる可能性もありますし、特殊な印刷は適用されない事が多いです。同じお金をかけるならぜひ、納得できるものを作ってほしいです。