中綴じ冊子の印刷術を伝授します

中綴じ冊子とは、見開きの状態の紙を重ねて二つ折りにしたものをホッチキス等で見開きの中心部分を綴じたもののことをいいます。中綴じ冊子は、用紙が比較的薄いものの、見開きのためレイアウトしやすく、ページも開きやすいという特徴があるので、取扱説明書やパンフレット、フリーペーパーといった複数の写真や情報を掲載したい場合やページ数の少ない小冊子の作成などに向いていますが、ホッチキスで数箇所止めるだけの中綴じはページ数の多い場合には適さないので注意も必要です。また、丈夫な厚紙で印刷すると冊子が全体的に膨らんだ感じになったり、逆に印刷する用紙が薄すぎてしまうと冊子全体の強度が弱くなってしまうため、すぐに折れたり、破けてしまう可能性があり、中綴じ冊子を製作する場合は、印刷する用紙の厚さにも考慮する必要があるといえるでしょう。

中綴じ冊子を作るなら印刷会社に依頼するのがおすすめ!

中綴じ冊子は比較的ページ数が少ないので、自分でも簡単に作れそうですが、一からの作成となるとなかなか苦労するものです。しかし、印刷会社に依頼すれば膨大な作業も簡単に完了させることができるので、初めて中綴じ冊子を製作する場合や、時間がなくて自分ひとりでは作るのが難しいという場合は印刷会社に依頼してみるのがおすすめですが、印刷会社に中綴じ冊子の印刷を依頼する場合は、冊子印刷におけるおおよその料金相場を知っておくことも大事です。一般的に、20ページの冊子を100部製作するのに平均して3万円前後の費用がかかるといわれていますが、最近は印刷部数が多い場合は割引してくれたり、1部からでも格安で印刷してくれる業者も増えてきているので、印刷部数に合わせて印刷会社を決めてみてはいかがでしょう。

印刷会社を選ぶ際のポイントとは?

自分で中綴じ冊子を製作するとなるとなかなかイメージ通りのものを作るのは難しいですが、印刷会社に依頼すれば初めて中綴じ冊子を製作するという場合でも仕上がりのきれいな冊子を作ることができます。手間がかからないなど、冊子の製作にはメリットも多いですが、印刷会社を選ぶ際には注意しておくべき要項もいくつかあります。例えば、印刷会社に印刷を依頼する場合は、依頼する業者の実績についてもある程度知っておくことが大事です。近頃は格安で印刷してくれる業者も増えていますが、仮に安く印刷できたとしても、中にはいい加減な仕事ばかりしている業者も少なからず存在するので、印刷会社を選ぶ際には依頼する印刷会社の信頼性はとても大切なポイントとなります。そのため、印刷会社を選ぶ際には、依頼を検討している印刷会社の実績や実際に利用された方の口コミを参考にしながら選ぶことが重要といえます。

台本印刷業界ナンバーワン!映画や舞台、ドラマの台本を作るなら是非弊社をご利用ください展示会やイベント用のペーパーアイテムは全てお任せくださいお電話でのお問い合わせは平日9時半から17時半まで台本印刷ならまず弊社をご検討ください。ホームページオリジナルの3つのコースからご案内カタログやパンフレット、企業案内を「少部数」つくりたい時は弊社におまかせ中綴じ冊子の印刷なら印刷通販サイトの三交社online